ASDinNSA

ひまわりイラスト ニュースとお知らせ   2014年10月号   A4, 9頁, IE ひまわりイラスト

 第14回国際協力青年ボランティア隊特集 
International Youth Service 2014 in Diana Community and City of Hernandarias

奉仕隊を待ちわびていた人々と熱い交流
People ardently waiting for the arrival of our youth service team

写真2014oct00
ディアナ村校舎のペンキ塗りを終えて
Repainting completed for the school of the indigenous community of Diana

第14回国際協力青年奉仕隊は、本年8月25日に羽田を発ってから9月10日に帰国するまでの17日間、パラグアイ共和国アルト・パラグアイ州の先住民コミュニティー、ディアナ村、及びアルト・パラナ州エルナンダリアス市において活動しました。今回の奉仕隊は日本から12名と米国からの3名に加えて、長期奉仕の2名を合わせ、ベテランの柴沼事務局長が引率しました。若者たちは各所で植樹と勤労奉仕を中心に、文化・スポーツ交流などを活発に実行し、国境や文化を越えて相互理解と信頼関係いっそうを深めました。

今年は世界各地が異常気象に見舞われましたが、パラグアイの現地でも不安定な天候が続き、平年をはるかに越える降雨量のため内陸部の交通路が寸断されました。そのため、はじめに予定していたサン・カルロス村に行くことができず、パラグアイ川沿岸の先住民コミュニティーの一つ、ディアナ村に活動の場所を変更しました

ディアナ村においては、2003年の学校建設以降、私たちは学校教育への協力を継続してきました。こうした背景もあり、奉仕隊の滞在期間中、村を挙げての大歓迎に会い、奉仕隊員たちも大変に感動しました。言葉での交流は難しくても、青年、教師、生徒たちが一緒に汗を流すことを通し、心と心の交流をなし、笑顔と笑顔で通じ合い、短い滞在でも心情の深くに貴重な体験が刻み込まれました。

とりわけ多くの親たちが感謝と感動を表わしてくれたのが、今回の特徴の一つです。今回も熱いご支援をくださったすべての皆様に深く感謝いたします。

The 14th International Youth Service Team consisted of 15 young men and women: 12 from Japan and 3 from the US. They departed on 25 August and joined in Asunción, the capital of Paraguay the next day. In a hotel they prepared small packs of gift for children of Diana community where they would plant trees and repair the school building together with schoolchildren. Then, they had a bus ride to Loma Plata, an inland town the Mennonites built in the previous century. They visited the Museum of Pioneering History to learn what it means to create a town in the quasi-wilderness.

The team traveled by one of the best buses in Paraguay. But once they left Loma Plata for Diana, they could inhale only dusty air even on the best bus running the long and unpaved road in the dry Chaco. They endured seven hours to Maria Auxiliadora and two more hours to Diana in the wet Chaco. At their arrival in the indigenous community, the team members were happily surprised at the ardent welcome of the people of the community.

Next morning, the team and schoolchildren entertained each other with songs and dances they had practiced for the welcome session. As every year, the team handed a gift pack with pens, notebooks, sweets and nice things in it to every little hand of the school. One thing remarkable during this year's service was that many parents expressed gratitude for the coming of the young people from far away countries to their village. The team members write later that they felt there was kind of a foundation of heart and trust in the whole community, for which God must have sent His love through Leda Projects.

The young volunteers enjoyed a life of the "paradise" in Puerto Leda. They washed their bodies and shirts and pants with crystal-clean water. They visited the Pigland to hold cute baby pigs, palm grove to cut down a palm tree and symbolically experience pioneering work, and the farms to understand the benefit and disadvantage of agriculture in the Pantanal. They also challenged fishing and horse-riding.

The team flew to Asunción to move to the city of Hernandarias in East Paraguay. They planted trees together with high school students, taking part in the green campaign of the city. Completing all the programs without any big trouble, the team got on board to go home on 8 September. Everybody in a good spirit, with lots of valuable experiences, and some souvenirs for parents and siblings, arrives home. Thank you very much for your heart-felt support and cooperation.

♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠

写真2014oct01
アスンシオン空港に到着
Arrival at the International Airport of Asunción.

羽田空港から、フランクフルト経由で到着。スムーズに通過。朝、8時半頃でしたので、空気はひんやり、この日は朝からすばらしい快晴でした。(8月26日)
写真2014oct02
バスで移動中
Eight-hour bus ride from Asunción to Loma Plata, in the dry Chaco. The road is paved so far.

首都アスンシオンから、内陸の都市ローマ・プラタまで、バスで8時間。この区間は舗装されています。(8月27日)
写真2014oct03
ローマ・プラタ
Visit to the Museum of Pioneering History of Loma Plata, Mennonite founded town. There are lots of things to learn from them.

メノー派教徒たちが移民、建設した町。その開拓史博物館前にて。ミルク工場も見学。(8月27日)
写真2014oct04
チャコ地方を走る
Seven-hour dirt drive from Loma Plata to Maria Auxiliadora. Everyone soon has to wear a mask.

もうもうたる砂塵を巻き上げながら、ダートの悪路を進みました。バスの中でもマスクが必要。休憩地のマリア・アウシリアドーラ村まで7時間。(8月28日)
写真2014oct05
マリア・アウシリアドーラ村
A short stopover at Maria Auxiliadora. People well remember the 12th International Youth Service. They go further on two-hour ride to the community of Diana.

2012年に第12回青年奉仕隊が活動した村。懐かしい顔もたくさん。ここで約40分休憩。その後約2時間走ってディアナ村へ。(8月28日)
写真2014oct06
ディアナの校長先生の挨拶
Schoolmaster of Diana gives a welcoming speech at the welcoming session for the volunteer activity. Our volunteers give a present to every schoolchild, 150 all together.

午前7時、先生と生徒が全員集まって、奉仕隊の歓迎式。150名の生徒にプレゼントを渡しました。(8月29日)
写真2014oct07
腐葉土を集める
Our volunteers and the children go to the forest to get leaf mold to fill the mound holes prepared for planting young neem trees.

青年と先生と生徒が5グループに分けられました。子供たちは本当に私たちが来るのを待ち望んでおり、すべての活動において献身的に尽くしてくれる姿を見て、感動したと反省会の時、話す青年もいました。
写真2014oct08
植樹指導
Mr. Date of Leda Farm instructs the volunteers and children how to plant young neem trees.

レダ基地の伊達氏から苗木の植え方をデモンストレーションしてもらい、班ごとに植樹活動を午前中行いました。(8月29日)
写真2014oct09
植樹活動
Divided into five groups, volunteers, teachers, and children together plant, water, and shout, "Viva!"

ワイワイ植えて、ビバー!と快哉。
写真2014oct10
校舎のペンキ塗り
They re-paint the school building which we built and donated to the community in 2003.

2003年の青年奉仕隊の時に建てた学校の壁の塗り替え。上3分の2は白で、下の部分は緑。校長先生は生まれ変わった学校を見て誇らしいと言われほどでした。午後は一緒になって踊り、その後班ごと折り紙と習字をやりました。(8月30日)
写真2014oct11
野菜の苗の植え付け
They also plant vegetables in their crop garden together."
学校の小さな農園に野菜の苗を植える作業を行いました。(8月31日)
写真2014oct12
レダへのプレゼント
During the farewell session, teachers give presents to our volunteers and to our staff in Leda. Mr. Nakata (left) receives the present for Leda staff.

午前九時から歓送会。隊員一人一人にプレゼントが渡されました。その後、青年と生徒が一つとなって踊り、心情の輪が広がって行きました。踊りながら別れを感じ、涙する先生や生徒の姿が印象的でした。(8月31日)
写真2014oct13
統一武道の演技
Students of Diana perform Unification Martial Art in return to our volunteers' special dancing.

青年たちは準備した踊りを二つ披露し、生徒も統一武道のT-シャツを着て、音楽に合わせ、演武を行いました。(8月31日)
写真2014oct14
歓送会の最後に
Farewell session is over. Everyone feels united into one.

皆がひとつになった証しの記念撮影。(8月31日)
写真2014oct15 別れを惜しんで
Time of departure. They exchange gifts, take photos, hug and shake hands with one another.

最期の別れとなり、ボートの泊まっている港で別れを惜しみながらプレゼントを交換し、写真を撮り、抱き合い、握手をする光景は何時みても感動します。(8月31日)
写真2014oct16
ディアナ村での最後の別れ
All members of the community come to the wharf to see off the team. It takes about two hours by boat to Puerto Leda downriver.

ボートが港を出発し、名残惜しそうに手を振る子供たちを後に、2時間ほどでレダに到着しました。(8月31日)
写真2014oct16a
レダで歓迎の夕食
Welcome dinner at Leda. They feel at home and eat a lot. The most favorite is curry on rice.

奉仕隊の一人一人はレダに到着すると、レダ滞在中のメンバーからの暖かい歓迎を受けました。始めての訪問でありながら故郷に帰って来た心情を味わったようです。特にカレーライスが大好評。(8月31日)
写真2014oct17
レダの孵化場を見学
The volunteer team visits the incubation facilities of pacú, Pigland, farms, etc in Leda.

パクーの人工孵化が行われる設備です。養殖場も見学しました。レダ基地開拓の奮闘、苦闘の歴史を現場で学習。(9月1日)
写真2014oct18
開拓の体験
Every volunteer must symbolically experience pioneer's hard work. They do experience sweat, muscle pain, blood blister, etc.

開拓の味を少しでも体験するため、各自が斧でヤシの木を切り倒しました。1本倒すのも大変。柔な手では血豆ができてしまいます。(9月1日)
写真2014oct19
乗馬体験
After lunch, they experience horse riding. They get tense a little, and then feel relieved and liberated.

昼食後は乗馬体験の時間。写真の如く、緊張もありましたが心情が解放されるひと時でした。 (9月1日)
写真2014oct20
豚ランドを見学
The water level is still very high. They need to use a boat to go to Pigland. They had a nice time with cute piglets.

水位が高いため、豚ランドまで、陸路で行くことができず、船で豚ランドまで行って豚と共に楽しいいひと時を過ごしました。(9月1日)
写真2014oct21
頑張る二人の女性
These two young ladies will stay in Leda and serve the projects for several months. God bless them!

奉仕隊と共に出発したこの二人は、レダ基地に滞在して奉仕作業を続けます。あたたかいご支援を!(9月3日)
写真2014oct22
水没したゲストハウス群
The two Guest Houses and the two staff houses are flooded.

画面、上から第一ゲストハウス、バンガロー、第二ゲストハウス、第二旧館、第一旧館。セスナから撮影。(9月3日)
写真2014oct23
イグアスの滝を見学
Visit to Iguassu Falls, one of the most popular World Heritage Sites. They experience the heart-felt magnificence of the Creation.

世界遺産の中でも最も人気のあるところで、毎回、必ず青年達を連れて行きます。自然の雄大さを通して創造の偉業を感じることが出来、青年たちにはとても感動的な経験になっています。(9月4日)
写真2014oct24
警察官による警護
Police controls traffic for the green campaign of the city of Hernandarias, East Paraguay.

エルナンダリアス市の植樹キャンペーン開会式場に設置されたテント。警察が交通整理をしてくれており、すでに市の広報責任者、環境問題の責任者、そして新聞社も来ていました。(9月5日)
写真2014oct25
高校生たちと交流
High school students from two schools of Hernandarias join our volunteers to take part in the campaign.

二つの学校の生徒が先生に連れられて会場に到着すると、青年奉仕隊のメンバーがその中に溶け込み、挨拶を始め、和やかな雰囲気となりました。(9月5日)
写真2014oct26
植樹キャンペーン開会式
Mr. Kurakazu delivers the representative's speech at the opening session of the campaign.

開会式は9時20分からはじまり、まずは青年を代表して倉員隊長が挨拶をしました。『(スペイン語で)皆さんと一緒に今回、植樹を成す機会を得て、感謝しています。ここにいる大人の方々は今の時代に責任を持っている方々ですが青年は未来を築く責任があります。責任ある人間となるために頑張って行きましょう。』
写真2014oct27
歓送会
Our volunteers play football with the young Paraguayans almost all the day. In the evening, they hold a farewell session. They sing and dance together till late, all of them as One Family Under God.

夕方まで地元教会の青年たちとサッカーを行いました。青年たちは言語の壁などなんのその、すぐにアミーゴになります。夕方は教会の庭で青年たちの歓迎会を行ってくれ、歌と踊りで神の下の一つの家族を実感する時間となり、夜遅くまで青年たちの交流が続きました。(9月7日)
写真2014oct28
アスンシオン空港出発ロビー
The team departs for Tokyo via Buenos Aires from the International Airport of Asunción at 9:30 a.m., September 8.

午前9時半、アスンシオン空港からアルゼンチンのブレイノスアイレスに向け、全員元気に出発しました。羽田到着は翌々日です。(9月8日)

♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠

参加したボランティアたちの感想文より

♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠

▲Return to pagetop.
エンブレム © Copyright 2014 Association for Sustainable Development in the North and South Americas. All rights reserved.
本サイトの内容の全部または一部を権利者の許可なく複製、配布、転載、もしくは引用することを禁止します。一般社団法人南北米福地開発協会。