ASDinNSA

ひまわりイラスト ニュースとお知らせ   2015年6月号   A4, 7頁, IE ひまわりイラスト

 第3回パクー稚魚放流式典特集 
The third release of pacú fry into the Paraguay

アスンシオン大学との連携=水産資源回復と地場産業育成へ
Joint effort for restoration of biological resource of the Paraguay and promotion of local industry.

写真2015jun00
大きく健康的に成長したパクーを放流した。
Large and healthy pacú released. Grown up to this size, most of the young fish will survive fish eaters.

5月8日、レダ基地において、第3回パクー稚魚放流式典が成功裏に催されました。式典では、国立アスンシオン大学獣医学部長ホアン・カバジェロ博士が「これからは魚を獲ることを教えるのでなく、増やすことを教えなければなりません。パラグアイ川流域では魚が急速に減少しています。将来を考えれば、食糧としての魚の養殖は大変に貴重です」と強調されました。また同行した水産学科長エドガー・バルブエナ博士も「私も全面的協力を惜しみません。パラグアイ川の魚は重要な食糧資源です」と語られました。

また、先住民を代表して、エスぺランサ村のバルボーサ首長が「南北米の皆様に心から感謝申し上げます。神様のもとに一つ、こうして私にも話す場を与えてくれたことに感謝します。5万匹の放流は大変重要です。ありがとうございます。事故や急病など困難な時、いつもレダの人たちが病院(オリンポ市など)に連れて行ってくれ、私たちを助けてくれました。また今日はこの場にたくさんの住民の招待をいただき、深く感謝いたします」と挨拶しました。

これまでの実績で、私たちのチャコ地方におけるパクー養殖と放流の成功が国家の指導部に希望的に受け止められました。今回の放流式では、次の段階として国立大学および地元自治体との連携による技術レベルの向上、漁民の教育、産業の育成など、実務的なレベルでのさらなる発展を期すものとなりました。

On May 8, in Puerto Leda, we released about 50,000 young pacú into the Paraguay River. At the Release Ceremony, Dr. Juan Caballero, Dean of School of Veterinary Sciences, National University of Asunción, made a vital address: he emphasized, "It's time to teach how to multiply fish rather than how to catch fish. The population of fish in the Paraguay is rapidly decreasing. It is very valuable to cultivate fish as food for the time coming." Dr. Edgar Balbuena, Chairman of the Department of Fisheries Science of the School added, "We are fully ready to cooperate with you. Fish of the Paraguay is a precious resource of food."

Then, Mr. Froilan Barbosa, Chief of the Community of Esperanza, spoke as a representative of indigenous neighbors, "We are thankful to the people of the FDSANS (ASD in NSA) from the depth of heart. Thank you very much for bringing us into one under God, inviting many of us here, and giving us a chance to speak here today. How much you have been helping us! You saved us when we were seriously injured or ill by taking us to hospitals (in Fuerte Olimpo, etc.)"

So far, the leaders of the central government of the Republic have seen a good hope in our efforts of fish cultivation, particularily through attending the two previous release ceremonies of pacú fry into the Paraguay last year and the year before last. The Third Ceremony this year is for the next step: more substantial development of the project especially in the practical fields such as technical improvement of incubation and cultivation, education of skills and ethics for those who live on fishery, promotion of local industry, etc. in joint efforts of the National University, the local governments, and ourselves.

♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠

写真2015jun01
パクーの放流ポイント
Point to release pacú. "Here the nourishing branch flow meets with the main stream of the river, young pacú can first grow here and then powerfully travel along the long river. It is an ideal point for release." (Professor Magno)

パラグアイ川本流と支流の出合う岬。「支流の豊富な餌場でさらに大きくなり、やがて本流に出て行けるので、本当にここは最適の場所です。」(マグノ教授)
写真2015jun02
パクーの成魚
Grown-up pacú. For artificial incubation, the best grown and helthiest fathers and mothers are chosen.

人工繁殖には、特に健康で生育状況のよい魚を、母魚、父魚として選びます。
写真2015jun03
今回放流したパクー
"I am amazed to see very well-grown pacú. Weighing around 500 grams, it should no longer be called fry but a young fish." (Professor Magno)

「今回のパクーは、私も驚く成長ぶりで、500グラム前後、もはや稚魚ではなく、幼魚というべき大きさです。(マグノ教授)
写真2015jun04
アサードの準備
We invite many indigenous neighbors for this day. Gauchos prepare to roast lots of beef for a big lunch.

近隣の村から先住民たちを招いています。昼食のご馳走として、野趣豊かなアサード(焼肉)の準備をする牧童たち。
写真2015jun05
土壇場で天候が回復
Inspite of bad weather forecast, Puerto Leda enjoys a comfortable day. Heavy rainfall in the vicinity, though.

当日の朝、周辺地域に大雨が降ったものの、レダ基地は快適な一日になりました。ゲストたちを乗せた5機のセスナが次々に無事着陸しました。
写真2015jun06
放流式典で挨拶する中田所長
Mr. Nakata speaks at the ceremony: "We are convinced that cultivating this fish is vital for reserving the Pantanal and for sustainable and active development of this area."

この魚を保護し育んでいくことこそパンタナールの保護につながり、この地域の持続的発展がもたらされると強い確信を持ち、パクーの養殖事業に取り組んできました。今後もパンタナール保護と地域活性化のため精進してゆきます。(中田実現地財団会長、レダ基地所長)
写真2015jun06a
アスンシオン大学獣医学部長の挨拶
It is time to teach how to multiply fish rather than how to catch it. (Doctor Juan Caballero)

これからは魚を獲ることを教えるのでなく、増やすことを教えなければなりません。(フアン・カバジェロ博士)
写真2015jun07
近隣の村人、生徒たちも放流式典に
More than one hundred young boys and girls from the indigenous community of Esperanza attend the ceremony. They are much encouraged to learn ethics and skills to reserve nature and enrich their community.

エスぺランサ村からは100名余りの生徒たちが到着し、若々しい雰囲気になりました。彼らの意識を高める上でよいことでした。
写真2015jun08
エンターテインメント
Schoolboys and schoolgirls perform a traditional dance of Chamacoco and receive a lot of applause.

チャマココ族エスぺランサ学校の生徒たちによる伝統舞踊と民族舞踊がそれぞれ披露され、拍手喝采でした。
写真2015jun09
グスタボ氏とその生徒たちによる演武
Mr. Gustavo and his students demonstrate martial art which they practice at schools.

グスタボ氏が学校で教えてきた生徒たちと共に行われ、日頃の練習の成果を披露しました。
写真2015jun10
放流前の経過報告と説明
Release of fifty thousand pacú is most beneficial for the river and for the local inhabitants along the river. (Professor Magno)

5万匹の放流は、減りつつある水産資源にとって、また漁業で生計を立てている流域住民とって、大変ありがたいものです。(マグノ教授)
写真2015jun11
ブラジルからも
Some visitors from Brazil. The Paraguay is an international river. Our project may mean more than ecological and economical.

国際河川のパラグアイ川での稚魚放流と、その沿岸での養殖は、国境を越えた恩恵があり、大きな意味を持つと考えられます。
写真2015jun12
放流の最適タイミング
"As winter is near and water temperature is going down, fish eaters will be rather inactive; many of released pacú will survive and grow." (Professor Magno)

これから冬に向かい水温が下がると、天敵の大きな魚の活動が低下するため、生存率がかなり高くなると思われます。(マグノ教授)
写真2015jun13
放流魚の生態調査にむけて
Professor Magno is to begin biological research of released pacú weighing 800 grams or more when released. You will win a prize if you catch a marked pacú and present it to him. Many of released pacú will travel very long, even over 1,000Km or so.

今後は800グラム以上になった幼魚に印をつけ、移動状況など生態調査を行います。印のある魚を釣った人が申告すれば賞品を授与します。(マグノ教授)
写真2015jun14
村人たちもパクーを放流
Five guests at a time release young pacú. The oxygen bag can't contain many fish this time because pacú has grown too big.

5人一組で、グループごとに放流を行いました。魚が大きくなったので、一つの袋にあまりたくさん入れられませんでした。
写真2015jun15
放流を終えた笑顔のゲストたちと
Having released all fish, guests smile. After this, they go for lunch and celebrate the successful event.

放流に多くの人々が参加することで、水産資源回復への意識と希望を共有し、紐帯の強化を感じました。
写真2016jan16
アサードパーティー
Open air asado party after the release ceremony. It is one of the most favorite foods of visitors from neighboring communities.

放流式典が完了後、屋外では牧童たちが準備した牛の焼肉を、各自好きなだけ楽しく食べました。
写真2016jan17
abc新聞が放流式を報道
The daily abc reports the release of 50,000 pacú fry into the Paraguay. (May 11)

アスンシオン発行の全国紙、日刊「abc」の国内ニュース面に、今回の放流式が報じられました。パクーの大きさも分かります。(2015年5月11日号)
写真2016jan18
日系ジャーナル紙の報道
The semimonthly Nikkei Journal reports our projects in large on the occasion of the release ceremony. (May 15)

日系移民たちが愛読する、日本語紙の「日系ジャーナル」の一面に今回の放流式が報じられました。(2015年5月15日号)
写真2016jan19
堤防建設工事始まる
Construction of embarkment starts in early May. It is to encircle Puerto Leda as permanent solution for possible flood. Thank you very much for your support, once again.

5月初めより、洪水への恒久対策として、レダ基地を取り囲む堤防の建設工事が始まりました。ご支援をお寄せくださった皆様に、改めて感謝いたします。
写真2016jan20
昼夜突貫の堤防建設
The suitable season for civil work in the Pantanal is very short. They work day and night, seven days a week.

土木工事に適した期間は、土のぬかるまない乾季で、しかもパラグアイ川が低水位の季節ですが、長くはありません。建設会社では多くの重機を用いて、休みなく工事を続けています。

♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠ ♠

▲Return to pagetop.
エンブレム © Copyright 2015 Association for Sustainable Development in the North and South Americas. All rights reserved.
本サイトの内容の全部または一部を権利者の許可なく複製、配布、転載、もしくは引用することを禁止します。一般社団法人南北米福地開発協会。